Sponsored Link
Apple Watchのバッテリーは1日持たないかも?

Apple Watchのバッテリーが1日持たないとユーザーから報告がありました。

やはり外出中に使用するとバッテリー消耗が激しく、長持ちしないらしい・・。

Sponsored Link

前回の記事では、Apple Watchの年間のバッテリー寿命についてご説明しましたが、今回は1日単位でのバッテリー寿命についてご紹介します。

Apple Watchはもともとバッテリーについてこのように記述されています。

ワークアウトしながら心拍数を測定した場合、最高で6時間30分は持つ

公式では上記のようにアウトドア時に使用し続けると、最高で6時間半持つとされていました。しかし実際には6時間半よりもはるかに短い時間でバッテリー消耗するとユーザーから指摘があったのです。

このユーザーはこの報告をTwitter上にアップしており、他の米AppleInsiderのユーザーも2時間しか持たなかったと記しています。

バッテリー消耗は一部のユーザーだけか?

実は大半のユーザーはバッテリーに問題ないと伝えています。

しかしごく一部のユーザーの間では、バッテリー消耗が激しく、使いものにならないとの報告がありました。

「34分間のサイクリングで残量が13%も減ってしまった」
「3時間15分自転車に乗ったところ、バッテリー残量が29%まで減った」

などなど、Twitter上でバッテリー消耗に関しての不具合とも見られる報告が寄せられた。


アップルウォッチのバッテリーの詳細

アップルは公式でバッテリーのテスト結果ついて下記のように述べています。

通常使用:最高18時間
通話:3時間
音楽再生:6.5時間
ワークアウト:6.5時間
時計:48時間
省電力モード:72時間

もっとも消費するのがアウトドアで使用するワークアウトです。

移動距離を計測するためにiPhoneのGPSと連携させて使ったり、加速度センサーを使用したりと使用頻度は高くなります。

ちなみにワークアウトで一番バッテリーを消耗するのが心拍センサーです。
心拍センサーが必要なければ、心拍センサーを「オフ」にすることが可能ですが、
通常はオンになっているのでバッテリーについて上手にコントロールしながら使用してくださいね。

Apple Watchに関しての情報はまだまだ少ないので今後もユーザーの報告などを見ていこうと思います。

関連記事>>>Apple Watch対応アプリ全50選をまとめてみた