Sponsored Link
【iOS13】iPhoneでLINEなどのアプリがBluetoothの使用を求める時の設定について

iOS13をインストールすると「LINEがBluetoothの使用を求めています」というポップアップが出てきます。

「LINEなのにBluetoothの許可?」と驚くかもしれませんが、iOS13から、アプリごとにBluetoothの使用許可を求められるようになったようです。

今回の記事では、「なぜLINEアプリなどがBluetoothを求めるようになったのか?」という点について解説していきたいと思います。

また、間違ってBluetoothの使用許可を「OK」にした方や、「許可しない」を選択した方のために、Bluetoothの使用許可の設定方法も同時に解説します。

Sponsored Link

LINEがBluetoothの使用許可を求める理由

突然表示されるBluetoothの使用許可・・。怖いな〜と思った方もいるでしょう。

そして多くの方が利用するLINEアプリでも起きました。

さて、LINEアプリがなぜかBluetoothの使用許可を求めるのか、これはApple側の徹底したプライバシー保護が一番の理由でした。

iOS13では、セキュリティの観点から、各アプリが我々ユーザーの同意なしに、勝手に位置情報にアクセスすることを防止する仕様になったのです。

BluetoothってイヤホンやApple Watchなどのデバイスで使用するものじゃないの?

Bluetooth接続といえば、イヤホンやヘッドフォン、Apple Watchやマウス接続など、デバイスを接続するものだと思われがちですが、実はそれだけではありません。

近年、近距離無線技術を使ったBeacon(ビーコン)を活用し、Bluetoothとビーコンによってユーザーの位置情報を把握する仕組みがビジネスのシーンで注目されるようになりました。

ビーコンはショッピングセンターや公共施設、電車などに設置されていることがあり、お客の位置情報や行動パターンなどのリサーチに活用されているのです。

LINEのBluetoothは「LINE Beacon」が使われている

今回のLINEアプリでは「LINE Beacon」を利用して、LINEで配信した広告からユーザーの来店や購買行動の計測に活用されており、店舗誘導効果の可視化を行っています。

一つの例を挙げると、キリンのTappinessの自販機の前に行ってLINEを起動させると、LINEアプリ上にキリンのバナーが表示され、自販機と接続することでLINE Payによるビーコン決済が可能になるわけです。ちなみに購入するごとに1ポイントたまり、15ポイントでドリンクチケット1枚が貰えるという特典があります。

その他にも、ユニクロの一部の店舗やローソンなどでLINE Beaconが使われているので、お得なキャンペーンやクーポンの取得などといった活用方法があるということです。

ちなみにLINEアプリ上からビーコンの設定(許可)が可能です。


設定方法は、LINEのホーム画面から左上の「設定」アイコンをタップします。

「プライバシー管理」をタップします。

「情報の提供」をタップします。

「LINE Beacon」をオンかオフに設定します。

私は必要ないのでオフに設定していますが、LINE Beaconを通して様々なサービスからクーポンやお得な情報を取得したい方はオンにすると良いでしょう。

もちろんLINEのBluetoothをオフにしていれば、LINE Beaconは許可されません。

アクセス許可を求めるのはセキュリティ対策のためである

「Bluetoothのアクセス許可が突然きた、怖い・・。」っと思っていた方。

むしろこの表示はセキュリティ面の向上を示しており、よく分からないアプリからのトラッキング防止策として許可するかしないかを選択できるようになったわけです

LINEアプリからの許可はまだしも、開発元がよく分からないアプリから勝手に位置情報を抜かれるのは決して気分の良いものではないですからね。

ここ数年でサードパーティ製アプリが増えていますので、こうしたアクセス許可の確認は重要なことだと思います。

Appleがサードパーティ製のアプリによる位置情報取得から身を守ってくれている証拠だと考えても良いでしょう。


他のアプリが勝手に許可になっているかも?

LINE以外のアプリで、Bluetoothの使用許可が勝手にオンになっている可能性もあります。

アプリ毎のBluetoothの設定方法は簡単です。

「設定」アプリから「プライバシー」をタップします。

「Bluetooth」をタップします。

Bluetooth接続が可能なアプリが一覧で表示されますので、お好みでオンかオフを設定してください。

Bluetoothの許可を求められるのは良いこと

今までは各アプリにおいてBluetoothの許可を知らされることなく、分からないままに位置情報を取得されていた可能性も考えられます。

セキュリティ面を考えると、無断で接続されるよりも我々ユーザーが任意で設定できるようになったことは喜ばしいことでしょう。

「iOS13にしたら、いろんなアプリからBluetoothの使用許可を求められて怖い」といった声も挙がっていますが、Apple側のセキュリティ対策の一つとして追加された機能なので、気になる方はアプリ毎にBluetooth接続の設定を確認してみてくださいね。