Sponsored Link
iPhoneXRとiPhone11もLINEの既読回避ができようになったぞ!

3D Touch非搭載のiPhone XRとiPhone 11は、代替え機能として「Haptic Touch(ハプティックタッチ)」が搭載しています。

「Haptic Touch」は、未来のiPhoneの標準機能として統一されていくとされており、Appleは用途の拡大を目指しています。

これまで、3D Touch非搭載のiPhone XRとiPhone 11では、通知のプレビューが表示できないとされていましたが、iOS12.1.1以降から通知のプレビュー表示が可能になり、さらにiOS13以降からLINEのチラ見(既読回避)ができるようになったのです。

Sponsored Link

進化し続けるHaptic Touch(触覚タッチ)

iPhoneXRとiPhone11シリーズに搭載されている「Haptic Touch」は、3D Touch廃止後に新たに搭載された機能の一つです。

画面を深押しすることで反応が変わる3D Touchに対し、Haptic Touchは画面を長押しすることで機能を呼び寄せることができるわけだ。

3D Touchは、以前からApple側も使いづらさを認めており、今後はHaptic Touchに完全移行するとしています。

Haptic Touchは、機能としてはまだまだ未完成だとささやかれていますが、iOSのアップデートにより機能追加をはかっていく見込みだ。

iOS13からLINEの既読をつけないでトークを読むことが可能に


LINEでは、iOS13にアップデートすることで、iPhoneXRやiPhone11でもトークルームの長押しで既読せずに内容を確認できるようになりました。

やり方は簡単です。

トークルーム画面で覗き見したいトークを長押しします。

すると、トークがポップアップ表示されます。

また、通知画面でも同じようにトークを長押しすることで未読のまま見ることができます。

LINEのバージョン9.16.5以降から可能になるので、LINEのアップデートも同時に行いましょう。

ちなみに3D TouchとHaptic Touchが非搭載のiPhone SEでも、iOS13にアップデートすることで同様の機能が使えるようになります

※旧機種であるiPhone6s/iPhone6s Plusは、3D Touchが搭載されているため、Peek &Pop機能で未読メッセージを見ることが可能です。

要するに、iOS13に対応している端末は全て同様の機能は可能になるわけだ。