Sponsored Link
【必須】iOS13.6/iPadOS13.6で自動アップデートをオフにする方法

iOS13.6/iPadOS13.6へアップデートする際に、一部の端末でリンゴマークから動かなくなったり、リンゴループする不具合が起きています。

この不具合を受けて、ソフトウェア・アップデートの自動更新はオフにすることを推奨します。

今回の記事では、そんなiOS13.6(iPadOS13.6)以降の端末で、自動アップデートをオフにする方法を解説します。

Sponsored Link

ソフトウェアの自動アップデートは必ずオフに

ソフトウェア・アップデートの自動更新をオンにしてしまうと、自分の意思とは関係なく、勝手にソフトウェアがアップデートされてしまいます。

近年、アップデートによる不具合が多発しているため、この設定はオフにしておくことをオススメします。

設定方法はまず「設定」アプリから「一般」をタップします。

「ソフトウェア・アップデート」をタップします。


「自動アップデートをカスタマイズ」をタップします。

「iOSアップデートをインストール」をオフにします。

iOS13.6(iPadOS13.6)以降では「iOSアップデートをダウンロード」と「iOSアップデートをインストール」をそれぞれ設定することができます。

「iOSアップデートをダウンロード」では、ソフトウェアがダウンロードされるだけで、アップデートのインストールは実行されません。とりあえずダウンロードのみしたい方はこの設定をオンにしておきましょう。

「iOSアップデートをインストール」をオンにすると、ソフトウェアがリリースされた場合に自動でアップデートが実行されます。自動アップデートを適用したくない方はオフにしましょう。

ソフトウェア関連の更新は全て手動で実行したい!という方はどちらもオフにしましょう。

ひとまずリスク回避のために、自動アップデートはオフにすることをオススメします。