Sponsored Link
iTunes StoreやApple Musicに表示される「E」マークの意味って何?

iTunes StoreやApple Musicで楽曲を探していると、曲と曲名の間に「E」というマークが付いている楽曲があります。

一体この「Eマーク」ってなんの意味なんでしょうか・・?

調べてみると、この「E」にはちゃんとした理由がありましたので、
ここで紹介したいと思います。

Sponsored Link

iTunes StoreやApple Musicで現れる「E」マークの正体

ご覧のように、一部の楽曲の右側に「E」というアルファベットが付いているのがわかります。
実はこれ、ちゃんとした理由があるのです。

これは「Explicit」というラベルです。

iPhoneのiTunes StoreやApple Musicでは「E」と省略されていますが、PCのiTunes Storeを見るとしっかりと「Explicit」と表記されています。

これは「未成年者に不適切な内容が含まれている恐れがあること」を告知してるラベルです。

不適切な内容が収録されているものを編集していると示しており、アメリカのレコード協会がこれを発行しています。

これにより、「Explicit」がついた曲を未成年が視聴・購入できなくなるわけですね。

制限に関しては、我々ユーザーが行うことができます。

機能制限について

設定アプリから「一般」⇒「機能制限」を開きます。

パスコードを求められるので、入力します。

「音楽とPodcast」をタップします。

「EXPLICIT」をオフにするとEラベルの楽曲へ機能制限がかけられて、視聴や購入ができなくなります。

大人の場合はオンのままで大丈夫でしょう。


iTunesで設定を行う

iPhoneに限らず、MacPCやWindowsPCで起動するiTunesも同じような設定が可能です。

iTunesの「環境設定」を開き、ペアレンタルというタブをクリックします。

「不適切な内容の音楽」をチェックをすることで、設定を行うことができます。

まとめ

「E」マークについてはお分かり頂けたでしょうか?

基本的には子供が所有するiPhoneへ制限をかけるための設定なのですが、
我々大人が使用する分には全く必要ない設定ですね^^;

まあ、予備知識として覚えておくといいでしょう。