Sponsored Link
ios8.4.1はWiFi・バッテリーの不具合の問題はあるのか?

日本時間2015年8月14日にリリースされたiOS8.4.1では、主にApple Musicの不具合解消を行うもので、Apple Musicのさらなるサービス向上に努めたマイナーアップデートとなりました。

しかしながら過去を振り返ると、iOSのリリース後は多くの不具合が発生しているので、iOSのアップデートを不安に思う方もいるでしょう。

そこで今回の記事では、ios8.4.1の不具合に関する情報をまとめてみましたのでご覧ください。

Sponsored Link

ios8.4.1の不具合報告など

WiFi接続・回線は大丈夫か?

現時点ではWiFiに関する不具合は報告されていません。

ツイッターでも特に目立った問題もつぶやかれていません。

実際に私もアップデートを行いましたが、iOS8.4の時と変わらずに使えていますね。

もちろん4GLTE回線も特に問題もないでしょう。

バッテリードレインに関する問題

バッテリーに関する問題も特になさそうです。

一部では「バッテリー消耗が早くなった!」との声がありますが、アップデート直後はインデックス作成など、端末内で様々な処理が行われます。

なのでアップデート直後は通常よりも多くのバッテリーを消費するのは当たり前のことだと受け止めましょう。

どうしても気になる方は、バックグラウンド更新をオフにしたり、視覚効果を軽減させてみてください。

LINEのバグ発生?

ごく一部では、LINEのバグや動きがおかしいという報告がありました。

これに関しては、LINE自体のアップデートによるものなのか、iOSアップデートによるものなのか、原因は分かっていません。

ちなみに、筆者は特に不具合なく使えています。


その他の不具合は?

その他の関しても特に問題は発生していません。

実際に使ってみても、何不自由なく使えていますし、大きなバグもありません。

iPhone4sやiPhone5/5sでも問題なくアップデートできていますし、大丈夫でしょう。

まとめ

マイナーアップデートとはいえ、リリース直後は敬遠しがちな最新iOSですが、
私の体感的には大丈夫だと判断しています。

ただし、一部のユーザーから不具合の報告があるのは確かです。

マイナーアップデートとはいえ、アップデートは自己責任かつ慎重に行いましょう。