Sponsored Link
Apple Watchのバックアップを取る方法

Apple Watchは使っていくとデータも溜まっていきます。

アクティビティ機能などのライフログが蓄積されていきますし、大事なデータはバックアップを取っておきたいところです。

そこで今回はApple Watchのバックアップ方法をご紹介しますね。

Sponsored Link

Apple Watchのバックアップ方法

iPhoneの場合、iTunesやiCloudといったサービスを使えば簡単にバックアップを取ることができます。

しかしApple Watchの場合はどうなのか?
これについてはアップルも公式サポートにて解説されていました。

Apple Watchのバックアップは、ペアリングされたiPhoneをiTunesやiCloudにバックアップした時に行われます。

iPhoneをバックアップしていれば同時にペアリングされたApple Watchもバックアップされるわけですね。

なので特に難しい設定は必要ありませんね。

また、Apple WatchとiPhoneのペアリングを解除したとき、iPhoneによってバックアップが自動で作成されます。

要は、Apple Watchのすべてのデータが消去さると同時にiPhoneが自動でバックアップを作成するのです。

ただし、iPhoneと通信していない状態ではペアリングを解除してもバックアップは作成されません。なのでペアリングされたiPhoneと通信が接続されていることを確認して行ってください。

Apple Watchのバックアップ内容

Apple Watchのバックアップされる内容は下記の通りです。

  • 文字盤、接続したことのある Wi-Fi ネットワーク、明るさ、サウンド、振動の設定など、一般的なシステム設定
  • 言語
  • 時間帯
  • メール、カレンダー、株価、天気 App の設定
  • マップ、距離、単位など、App 固有の設定
  • 履歴、達成項目、ユーザが入力したデータなど、ヘルスケアとフィットネスのデータ
  • ユーザが Apple Watch にインストールした iPhone App

そして下記はバックアップには含まれません。

Apple Watch からの調整データ
Apple Watch に同期したプレイリスト
Apple Watch の Apple Pay で使っていたクレジットカードまたはデビットカード
Apple Watch のパスコード

もしも新しいApple Watchに乗り換えた場合、あらためて設定し直す必要があるのです。

まとめ

Apple Watchは日々のデータが蓄積されるため、定期的にバックアップを取っておくといいでしょう。
もちろんiPhoneのバックアップも同様ですよ〜。

参照元:Apple サポート

関連記事>>>Apple Watch対応アプリ全50選をまとめてみた