Sponsored Link
【Apple Watch】タトゥーだと心拍測定機能のパフォーマンスが低下します

アップルは今回、公式ウェブサイトであるApple Watchのサポートページにて公開されている記述文章の修正を行った。

サポートページにて新たに明記された内容はなんとタトゥーに関するものだった。

Sponsored Link

今回の情報源は9to5Macが現地時間1日に伝えた内容で、
手首に彫られたタトゥー(刺青)によってApple Watchの心拍数測定機能のパフォーマンスの低下が引き起こされるというものだった。

タトゥー等の肌に永久的な変化をもたらすものによって、心拍数測定機能が正常に動作しなくなる可能性がある

もちろんすべてのタトゥーに影響が及ぶわけではありませんが、
主にタトゥーに使われる赤や黒、彩度や紋章などが、Apple Watchの光学式心拍センサーから発せられる光線を吸収・反射してしまう場合があると見ています。

海外ではそうしたタトゥーによるパフォーマンス低下が問題視されており、今後アップル側はどういった対応をしていくのかが注目である。

タトゥーでもパフォーマスが低下しないApple Watchを開発するのか、それとも現状維持のままなのかどうか・・。

海外ではセレブなどをはじめ、ファッションとしてタトゥーを楽しむ文化が強いのどうなるんでしょうかね。

日本ではあまり問題視さていない

Apple Watchとタトゥーについて日本ではあまり問題視されていないようだ。
元々刺青という文化はあっても、そこまで一般的には浸透していません。

今後Apple Watchの新モデルの発表では、こうした光学式心拍センサーの能力向上が期待される。

参照元:9to5Mac

関連記事>>>Apple Watchに搭載された「隠し6-pinポート」により充電可能に?