Sponsored Link
iOS8.4でもWi-Fiが繋がらない不具合か?対処法まとめ

ついにiOSの最新バージョンである「iOS8.4」が日本時間7月1日にリリースされましたね。

ただ、前回のiOS8.3と同様にTwitterのタイムラインを見てみると、いくつか不具合の報告があるようです。

au、ソフトバンク、docomoの中で、どのキャリアの不具合かは分かりませんが、心当たりがある場合は速やかに対処法を実行してみましょう。

Sponsored Link

iOS8.4へアップデート!

リリース直後に最新バージョンへアップデートを行った方も多いでしょう。

前回のiOS8.3では、Wi-Fiが繋がらない接続できない等の不具合が多数報告されていたこともあり、今回のアップデートを楽しみにしていた人もいるかと思います。

今後iOS8.4のバグの報告があれば随時報告していきますが、気になるのはWi-Fi接続ですね。

筆者もiOS8.3でのWi-Fiの不具合で悩んでいたので、期待したいところ。

現在、致命的なバグは報告されていないですがごくごく一部では、
やはり「ワイファイが接続できない」「繋がりにくい」等の声が上がっていました。

今回のアップデートは主にApple MusicやiBooksの機能改善が行われたので、
関連性があるとは考えにくいのですが、不具合の報告があるのは確かです。

iOS8.4 Wi-Fi(無線LAN)の不具合の対処法

もしもiOS8.4で接続の不具合があれば、下記の対処法を行ってみてください。

機内モードにしてみる

「設定」から、「機内モード」⇒「オンとオフ」を切り替える

機内モードへ切り替えて再びネット接続すると、正常になるかもしれません。

Wi-Fiをオン・オフに切り替える

機内モード同様にWi-Fiも「オンとオフ」を切り替えてみましょう。

繋がりにくい状態が改善するかもしれません。

アップデート後に再起動する

アップデート後は端末を再起動してみましょう。

もしかするとWi-Fi接続(無線LAN接続)が正常に戻るかもしれません。

筆者は、端末に何かおかしな動作があれば必ず再起動しています。
その際、再起動すれば必ずバグは治っています。


Wi-Fi情報をリセットしてみる

ネットワーク情報を確認してみて、一部リセットしてみると、治るかもしれません。

まず、「設定」⇒「Wi-Fi」へと進みます。

設定したい接続先をタップします。

下記のように試してみましょう。

「設定」⇒「Wi-Fi」⇒「現在接続しているWi-Fiを選択」⇒「DHCPリースを更新」

「設定」⇒「Wi-Fi」⇒「現在接続しているWi-Fiを選択」⇒「DNS欄を[8.8.8.8]に変更」

「設定」⇒「Wi-Fi」⇒「現在接続しているWi-Fiを選択」⇒「DNS欄を[129.250.35.250/25]に変更

「DNS」をタップすると変更が可能です。

Wi-Fiが繋がらない場合、「DNS」を[8.8.8.8]か[129.250.35.250/25]に設定すると改善可能だと確認しています。

それでもダメなら、ネットワーク設定をリセットしてみましょう。

「設定」⇒「Wi-Fi」⇒「現在接続しているWi-Fiを選択」⇒「ネットワーク設定をリセット」

 

リセットを行ったら再度、Wi-Fiなどのネットワーク情報を入力し、接続します。

関連記事
iOS11.1.2でWiFiが繋がらない・切れるといった不具合の対処法

最新バージョンのiOSへアップデートする方法【iPhone】

まとめ

Wi-Fiやネットワークの不具合は、一部ユーザーしか報告されていませんので、
もしかするとアップデート以外に別の理由があるのかもしれません。

今のところ快適に使えるみたいです^^

多くの場合、上記のアクションを行えば改善できますので、是非参考にしてみてください。