Sponsored Link
iPhone6sは防水とは無縁…水に弱いことを改めて実感

iPhoneの修理を行うiFixitは、iPhone6s/iPhone6s Plusを分解して従来のiPhone6と比較、そしてそのレポートを公開しました。

同社は結果的に新型iPhone6s/6s Plusのほうが耐水性能が向上していると伝えています。

Sponsored Link

iPhone6s/6s Plusは耐水性の噂があったが・・

以前からiPhone6sシリーズには耐水性の噂がありましたが、修理サイトのiFixitが興味深い実験を行っています。

実験は、iPhone6sを2分間水没させ、内部にどれぐらいの水が浸透しているかを見るというもの。

 

結果は水が内部へたくさん入ったとのことです。

本体のケースは水が入らないようになっているのですが、マイクやイヤフォンジャック、Lighteningポート、スピーカー、ボリュームボタンなどから水が入ってしまうようです。

分解してみると内部にはたくさんの水滴が入っており、防水とは無縁な感じだという・・。とにかくiPhone6s/6s Plusは水につけると、内部へ液体侵入は防ぐことはできない。

iFixitは結果的に「防水性はない」と伝えていますが、従来のiPhone6よりも耐水性は向上しているみたいです。

とにかく、iPhone6sシリーズでも水没には十分注意していただきたいです。

参照元:9to5Mac